ホーム > 趣味 > 何ピクセル?

何ピクセル?

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買して収益を上げる商品です。

 

値段は、二十四時間上がったり下がったりします。

 

これが為替です。

 

ラジオを聞いていると、為替の情報が流れることがあります。

 

よくあるのが「今日の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを言い表しています。

 

別の表現をするとトレードには買いと売りの値段が存在します。

 

売値、買値の事を別の言い方で提示しているFX会社もあります。

 

通常は売値の方が安く定められています。

 

実際に買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。

 

この差をスプレッドといい、FX会社の収益の一部になっています。

 

スプレッドの広さは会社によって変わります。

 

スプレッドの差はあなたにとってコストになるので、低い取引会社を選択するほうが有益です。

 

ただ、同じ取引会社でも状況によってスプレッドの差は拡大したり、縮小したりします。

 

例えば平常時は円とドルのペアで1銭のスプレッドの狭さであっても為替の変動が激しい状態では広くなったりします。

 

なので、スプレッドが低いのと同時に変わらないということが肝心です。

 

動かないスプレッド幅を表示するFX会社も存在しています。

 

現実に取引会社の売買画面で為替相場を確認しなければ見分けられないので手間がかかりますが、とても大切なことです。

 

貴重な投資資金を投入して取引しますので本当の取引の前に、気になる業者の口座開設をいくつもして表示されているスプレッド幅を見ておきましょう。

 

同じ通貨の組合せ、そのときの相場の状態によって、スプレッドの狭さは変わることがあります。

 

通常、インターバンク市場で取引高が多いペアではスプレッドが小さくあとの通貨ペアではスプレッドの広さが広がる事が多いです。

 


関連記事

外国産カブトムシを手に入れよう
カブトムシやクワガタは男のロマンですよね。子供の時は近くの雑木林に眠い目をこすり...
何ピクセル?
「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買して収益を上げる商品です。 &nb...
テスト
テスト記事です。...